プロフィール

 

LSO労務管理事務所 所長 久野 利英

学生時代、いじめられている友人を助けることができず、その心残りから『他者の気持ちを考えることのない経営者』と戦おうと『特定社会保険労務士』の資格を取得。ですが、労働相談を行う中で目のあたりにしたのは、『自らを省みることなく、被害者だと語る、多くの労働者の姿』。そして、『他人事で無責任に、彼らに紛争をけしかける専門家の存在』

自分の視野の狭さに気づいた私は、『それぞれの分野のトップ』を徹底的に真似すると決意。『問題行動を起こす生徒』、『犯罪に手を染める生徒』たちを、人が自立する教育で、次々と立ち直らせ、日本一にした原田隆史氏に師事。現在、『職場の調和・利益創出のエキスパート』として、『企業の発展』と共に、『社員の幸せ』も同時に実現する活動を行う。

『カリスマが貴方の立場であればどうするか』という視点で『個人』及び『個人の集合体である組織』を分析(特許取得)。利益アップが大前提。それだけでなく、社員との関係性アップ、メンタル不調社員が生まれないように原因から働きかけ、問題社員に対する対応も実現する。そこには、実の親のような関りがありながら、したたかに『裁判』で争えるだけの『紛争対策』も行う一面もある。紛争に対する備えは、他事務所にはない、独自の手法。一般論ではない、明日から実践できる具体的なアプローチ方法には定評がある。個人を対象とした関りは、『ナポレオン・ヒル』のコンテンツ以来、個別コンサルを含め1,030名以上。

専門家として最も大切なことは、人の痛みがわかり、人間性が豊かであり、常に人格を磨いていくことだというのが持論。           

※廣池学園 麗澤高等学校の卒業生であり、この学校でも原田メソッドを導入。

※原田メソッド目標達成と人格形成を両輪とする。人格を大切にする理由は、単に道徳の視点だけでなく、単純に『損得の問題」でもあることに注意。

『特定社会保険労務士』とは、『労使間における労働関係の紛争』において、『裁判外紛争解決手続き制度』に則った『代理業務』を行うことが認められた社会保険労務士

                    

                   

大谷翔平 165キロ歴史的瞬間

映画 『チア☆ダン』 モデルの高校

動画で学ぶページ

PAGE TOP