「考え方」を変えれば人生は180度変わる。

 

貴方は大切な人生をこんな風に過ごしていませんか?

  • 仕事へ行きたくない、何もしたくない、動く気にならない。

  • 自己評価が低くて、何をやってもくよくよしてしまう。

  • 行動する前から無意識に「自分にはできるわけがない」「失敗したらどうしよう」と思ってしまう。

  • 仕事の能率が上がらず何をするにもおっくう。

  • どうしても許せない人がいる。

  • 私にはみんなのような魅力がないと感じる方。(だから恋愛が長続きしない)。

 

もし、こういった感情が、どんなに頑張ろうが、根性出そうが、改善しない、どうする事もできないということでしたら、今回のセッションはおススメです。

 

再現性のある思い通りに生きる公式

 

心理学的なカウンセリングは、一時的・表面的な対症療法にすぎないことが多いため、本質的な解決につながりません

 

貴方がもしどこかのカウンセリングに行かれたことがあるのなら、このようなお話をされませんでしたか?

 

『貴方が今のような状態になったのは、○○のせいです。貴方は悪くない。

 

・・・これがフロイト心理学に基づく考え方です。

 

ですが、私は、この考え方に盲点があるように思えます。

 

フロイトは現在主流になっている精神分析を創始した人物ですが、フロイト心理学に基づく現在の治療では、メンタル不調は根治できないという状況です。

 

例えば『うつ病』の再発率。60%から 70%に上ります。

 

今日の日本において、こうした状況が高度産業社会の足を引っ張っています。疲れ果てたビジネスパーソンたちを、ドックに停泊させて、メンテナンスを行って、元気な状態にして企業に返すのではなく、逆に、ますます悪化させて、二度とカムバックできないようにしてしまっているからです。

 

つまり、フロイト心理学だけでは、本当の意味で幸せになれないのではないか・・・。

 

そこで登場するのがアドラー。かつてフロイトと同じ勉強会に参加していましたが、その後、考え方の違いから袂分かった人物です。

 

近年、200万部に迫る売れ行きの『嫌われる勇気』という本。ここまで注目されるのは、これまでのフロイト心理学が完璧ではないと感じていた人が多かったからだと思います。

 

今回のセッションでは、フロイトとアドラーを比較することで、『理想の人生を実現する原理原則』について考えます。

 

自己評価が低い人の結末

 

『自己評価が低い人』は、自分が実現したいこと、手に入れたいことにつながる情報、チャンス、機会、方法を永久に認識できません。

 

何故なら、『目の前に見えているもの』は、その人の自己評価に基づいているからです。

 

「赤いもの」を探していれば「黄色いもの」が目に入ない、こういった状態を『カラーバス効果』といいますが、同様なことが起こるのです。

 

ですから、貴方にとっての最適な自己評価とは、貴方のことを「望む場所」に連れていってくれるものでなくてはいけません。

 

もし、これまで『生き難い』と感じていたのであれば、ご参加いただくだけで、

  • 楽に生きられるようになった。」
  • 「子供の頃のワクワク感を取り戻した。」
  • 幸せを感じながら生きられるようになった。」
  • 「自分は自分でありながら居場所があり、役に立っている。」

と感じていただける足がかりを得ていただけます。なお、

 

 

適正な自己評価は、貴方が「何を実現したいのか」「何を手に入れたいのか」が明確にならない限り、設定できないのです。

 

そこで、今回、圧倒的な実績を誇る『原田メソッド』の情報も併せてご提供させて頂きます。

 

このメソッドは、東京の著名メンタルクリニックとも提携し、技術を提供しています。大谷翔平選手の大成を手助けした、メンタル向上のスペシャリスト、原田隆史氏が考案しました。

原田メソッドについて、詳しくはこちら(クリック)!

 

 

考え方のベクトルが人生を決める

 

原理原則を死守!ビジョナリー・コーチ

             

 久野利英  (登録番号13110163号)(会員番号1319873号)  
                              

かつて、メンタルがボロボロになり、大切な人達に迷惑をかけた経験を持つ。原因は、一生残る怪我をして、自暴自棄に生きたため。その後、支えて下さった方々への恩送りを考える。

 

学生時代にいじめられていた友人を助けることができなかった心残りから、社会でも同様に「経営者から不当に扱われている労働者を助けたい」と特定社労士の資格を取得。

 

しかし、実際に労働相談に取り組む中で目の当たりにしたのは、人を恨んだり、憎んだり、自分だけが得をしようといった私利私欲の心ばかりだということ。経営者・従業員・専門家の立場に関係なくです。

 

これらの経験から、労働事件に勝者はいない。紛争はすべての人を不幸にすると確信。カリスマの協力のもと、『法律』・『現実』・『人間力』を融合した、リアルなメソッドを開発。これまでコンサルティングにおいて、延べ1,030名以上をサポートする。

 

※『特定社会保険労務士』:弁護士はトラブル発生後の『事後の処理』を担当。一方で、社労士はトラブルが発生しないように『予防の措置』を担当。メンタルヘルス・ハラスメントなど、労務環境全般の整備に目を配る。例外もある。例えば、特定社会保険労務士はトラブル発生後について、一部対処できる。具体的には、『裁判外紛争解決手続き制度』に則った『代理業務(あっせんに限る)』。

 

参加者の声

女性30代 

アドラーの目的論とフロイトの原因論のどちらが私に向いているのか知ることができ、とても前向きになりました。目的をもってそれに対して何をするべきか、モデルとなる人は誰か、それを目指して行動していくことの大切さを教えて頂きました。

 

男性40代 

自分のパフォーマンスを最大に発揮するための、あるいは自分が望む人生を実現するために必要な視点を話してくれました。その意味において適切ということであり、この価値観が正しい、あの価値観は間違っているという意味ではないそうです。「不幸な生い立ちのためにこうなった」という思いが強い人は反発したくなるだろうなと思いましたが、実績を考えて傾聴をお勧めします。私は沢山気づきがありました。

 

女性60代 

生きることは大変だと感じていましたが、勝手に自分がそうしていたことに気がつきました。先生のお人柄や、お話のなさりかたも穏やかで、心地よく、上から教えてくださるのではなく、理解できるように導いてくださいます。とてもいい講座でした。ありがとうございました。

 

女性30代 

すべての人にある1つの行動をすすめるというようなことはせず、私がどのような人生を望むのか確認して、「それならこうした選択をした方がいい」と私のための答えをくれた。すごく明快で、どれだけ意味のない無責任な他人の言葉に振り回されてきたのか、よくわかった。世の中のどの言葉に耳を傾け、どの言葉はスルーしていいのか。

 

男性30代 

もう何年もたっていますが、つらい体験の記憶が時折呼び起こされ、何事にも自信が持てなくなってしまいました。先生のお話を聞いて、これまで疑いもしなかった私の考え方の癖がはっきりしました。スタートしたばかりですが、今後の私の人生は必ず明るくなると感じます。ありがとうございました。

 

女性30代 

私はあまり友人と出歩くことがなく、また、親しい友人も少ないです。1日1日がなんとなくあっという間に過ぎてしまい、年だけとって何も残っていない現状に、このままの状態がいつまで続くのか不安でした。「変わるのは簡単」、考えてみれば、今回私がそう感じたのは驚きです。

 

女性30代 

これまで体がだるいことが多く、仕事はどちらかというと遅いと言われることが多いです。うまく言えないのですが、自分が自分でないような、そんな感覚もあります。今回、私の考え方の癖がわかり、さらに「こうすればいいんだ」という解決の方法も知ることができたので、参加してすごくよかったと思います。

 

  • 参加される前にお伝えします。

     

今回の情報は、かねてから沢山の方に高く評価されていた内容です。

 

ですが、この情報は、『困難を乗り越えて、充実した経験をしたい方』のためのもの。

申し訳ありませんが、

以下の方は決してご利用にならないでください

 

  • 自分で考えるのではなく、何らかの『権威』を信じ、ただそれに従うだけの方。

  • 仕事や責任など、『つらいこと』をやり過ごすことで幸せが手に入ると考える方。
  • 一般に広く浸透している『モラル』や『道徳』をさげすむ方。
  • 自分達の利益を最優先することに、何の疑いも持たない方。

 

以下に該当する方に最適なセミナーです。

 

  • 圧倒的に低い自己肯定感を上げたい方。
  • 強烈に思いつづける理想がある方
  • いろいろな苦楽を味わいながらも、心を高め、一生懸命生きる方。

  •  迷った時に『私心がないか』、『動機は善であるか』、という原理原則に立ち帰って決断する方。

 

 

セミナー参加費用

 

『現在の能力』で、できる、できないを判断してしまっては、『新しいこと』や『困難なこと』はいつまでたっても遣り遂げられません。

 

辛いことがあった分、人の何倍も幸せになって欲しいと願っています。

 

そこで、今回特別に

 

限定価格:2,000円(税込)

 

で、セミナーに参加できるようにしています。

 

ただ、ご参加頂いた方に決して後悔して頂きたくありません。

そこで、もし内容にご満足いただけない場合、全額ご返金致します。

テキスト費用も、人件費も、弊所がすべて負担いたします。

 

今回、貴方にはコストもリスクもありませんので、やる気のある方だけご参加ください

 

貴方がもし『辛い体験』をしたのであれば

 

『過去の悲劇を変える未来』を創らなくてはいけません。

 

もし自分を変えられない原因が「今までの自分を捨てられないこと」であるなら

それを捨てる方法さえ分かれば、貴方の人生は確実に大きく変わるということですね。

 

つまり、今後の貴方の『選択』と『行動』を変える方法が手に入れば、間違いなく新しい人生が始まるということ。

 

本当に大事なのは、技術を知ること。

そして、まさに「これからどうするか」。

 

「過去の貴方」がどうであったかではなく、「今の貴方」、「これからの貴方」です。

 

貴方の『今日の悲しみ』を、『大切な思い出』に変えていきましょう。

 

 

 


 

全国対応していますか?

ZOOMにて、ご対応していますので、各地ご対応可能です。

ZOOMを使ったことがまだありません。

ZOOMの使い方(ココをクリック!)

 

 

 

利用規約

第1条(資料等の取り扱い)

① 弊所は貸与された資料等を善良な管理者の注意をもって保管・管理し、本契約に基づく委託業務の遂行以外の目的に使用しないものとする。

② 弊所は貸与された資料等を本契約に基づく委託業務の遂行以外の目的に複写・複製・編集等を行わないものとする。

③ 提示された資料の不備等により委託事項の履行に支障を来した場合は、弊所はその責任を負わないものとする。

 

第2条(秘密保持)

本契約に際して、または本契約に基づく委託業務遂行上知り得た双方の技術上、営業上、および個人情報その他の秘密情報の秘密を遵守せしめるものとし、本契約終了後も相手方の事前の承諾を得ることなく、第三者に開示・漏洩しないものとする。

 

第3条(情報の開示と説明及び免責)

① 委託業務の遂行に当たり、とるべき処理の方法が複数存在し、いずれかの方法を選択する必要があるとき、並びに相対的な判断を行う必要があるときは、その旨を説明し、承諾を得なければならない。

② 前項の説明を受け承諾したときは、当該事項につき後に生じる不利益について、弊所はその責任を負わない。

 

第4条(その他の留意事項)

弊所は、社会保険労務士の使命に照らし、企業活動から生じる労務全般の事務処理の履行を援助するとともに社会保険労務士法に規定する事項を遵守しなければならない。

 

本プログラムにお申し込み頂いた方には、上記に同意頂けた事とさせて頂きますので、予めご了承ください。

 

※その他、一般的な個人情報保護方針(プライバシーポリシー)につきましては、こちらをご覧ください。 

 

掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

東京事務所:東京都板橋区蓮根1-27-11-303

Copyright © 2020. All rights reserved. LSO労務管理事務所