ブログ

会社が、一度決めた労働条件を下げる方法。

【徹底解説】先の見えない時代。会社が、一度決めた労働条件を下げる方法。具体的な行い方と注意点。『合理性』の判断基準。就業規則の不利益変更。従業員の個別同意の取り方。合意が否定されるとき。

関連記事

  1. ハラスメント
  2. 社員がハラスメントの相談に来た!何を話せばいいの?
  3. 『壬生義士伝』守銭奴と呼ばれた男。彼がなぜ新撰組に入隊し、最後ま…
  4. すぐできる!!『1on1ミーティング』
  5. 【特定社労士、解説】わかる!!パワハラの定義。
  6. 具体的な数字を出します。『国保』と『任意継続』どっちが安い?知ら…
  7. 【特定社労士、解説】『半沢直樹』で考える。不当な「出向命令」裁判…
  8. 懲戒処分

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

『わかる!』ブログの作成者

 

特定社会保険労務士 久野 利英

 

学生時代にいじめられていた友人を助けることができなかった心残りから、社会でも同様に「経営者にいじめられている労働者を助けたい」と特定社会保険労務士の資格を取得。しかし、実際に労働相談に取り組むと、助けたいと思っていた労働者が自省せず、被害者意識だけが強く、またそのような労働者を逆手にとって紛争を仕掛ける専門家が多い事実に愕然とする。

 

これらの経験から「紛争における幸不幸をなくし、全員を幸せにする」というミッションを掲げ、多くの労働問題に携わっていく中で、紛争対策における独自のメソッドを開発。コンサルティングにおいて、これまで延べ1,030名以上をサポートするなど、紛争対策におけるリアルで実践的なアプローチは高い評価を得る。『人の過去の悲劇を変える未来を創る』、問題社員や紛争対策におけるプロフェッショナルとして日々奔走中。

PAGE TOP