問題社員の類型化

問題社員対応を行い、訴訟リスクの回避

協調性欠如型

協調性に欠ける言動が多いなど。

⇒リンク//『協調性欠如型 問題社員』について

労働能力欠如型

能力不足の程度が著しいこと、注意・教育を行っても改善の見込みがなく、業務上の支障が生しているなど。

⇒リンク//『ローパフォーマー社員』について

 

メンタル型

心の健康を害して、債務の本旨に従った履行の提供ができなくなるなど。

企業ルール違反行動

企業が設定しているルール(私用メール禁止・指定された喫煙場所を守らない等)に違反するなど。

勤怠不良型
  • 遅刻が多い。
  • 休憩の際、定められた始業時刻になっても戻って来ないことが多い。
  • トイレに行ってなかなか戻らないなど。
セクハラ・パワハラ型

セクハラ行為をする、自分の権限を濫用して他の社員に嫌なことをするなど。

セクハラ型 女性社員にだけ嫌な仕事をさせる。男性社員においしい仕事を割り振るなど。
パワハラ型 特定の部下に対してだけ注意をし、同じミスをする他の部下には注意しないなど。

 

私生活上の問題行動型

SNS等で、営業機密は明かしていないが社内の事情を書き込んでいるなど。

大谷翔平 165キロ歴史的瞬間

映画 『チア☆ダン』 モデルの高校

動画で学ぶページ

PAGE TOP