『従業員との争い』の現実

感情の赴くままに話していたら、違法との評価を受けることになる。

耐えた果てに、

ある日突然、激高して退職を迫った場合

ほとんどの場合不当解雇となる。

裁判で訴えられ、多額の賠償金を払わなければならないこともある。

解雇 すべてシナリオを用意するくらいの準備が必要
労働者に退職を迫る場合

自分の要求を主張しながらも

相手の顔をつぶさない細心の注意が欠かせない。
日本の「労働」に関する法律
基本的に「社員」を守るもの
「社長」を守るもの ×

他の社員の視点にも注意。

『会社に合わない社員』に対する対応

会社の理念が明確に現れる。

「社長はここまで自分に合わない社員に手を出すのか」と他の社員は考える。

『裁判』の現実

弁護士等の力量に関わりなく、

勝敗は9割以上事前に分かっている。
法廷のなかの真実

あくまで証拠によって組み立てられたもの。

実際の真実 ×

価値ある証拠の裏付けがある事実

(ファンタジーであることもある)

ユニオンについて。

中小企業であっても労働組合はやってくる!

ユニオン

企業の中ではなく一定地域を団結の場として組織された労働組合。

身分の保障されていない非正規社員・身分関係の安定しない中小企業の人たちが中心。

会社のことを気にしないことから、会社の信用問題といったものも気にしない行動をとる組合もある。

例)会社や取引先や役員宅前でのビラ配りなどの活動を行う。

例)労働委員会にあっせんの申立てや不当労働行為の申立てを行う。

例)社会問題化しそうなことをマスコミに流す。

例)労基署に通報したりすることがあります。

大谷翔平 165キロ歴史的瞬間

映画 『チア☆ダン』 モデルの高校

動画で学ぶページ

PAGE TOP